ドローンのトップガンを養成する


産業用ドローン飛行(Inspire2)
産業用ドローン飛行(Inspire2))
飛行前点検
離着陸訓練(微風時)
飛行状況(Mavic Air2)
離着陸訓練(ハンドキャッチ)
風速の目視確認
離着陸訓練(ハンドキャッチ)
ドローン一式
本校の特徴
  • 3日間の講習 原則土曜日に実施
  • ”本気で”ドローンパイロットを目指す人に
  • 厳しい屋外指導 ※フライトシミュレータは使わない
  • 防災に関することや画像処理の基礎も学習
【JUVA】ドローン操縦士養成課程について
無人航空機、いわゆるドローンを活用した業務を実施することを主目的とする方を対象に、ドローンに関する安全・法規・気象・電波,操縦技能および画像処理の技術向上に資する他、無人機に関するより高度な技術で安全に正確な成果を得ることができる無人機技術者を養成するための操縦士養成課程を実施します。
養成課程の特徴
【国土交通省の認定講習団体】に登録されています
●飛行許可を受ける際の申請書類の一部を省略することができる講習団体等
※技能証明書等の写しを提出することで申請書様式3及び無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性の提出が不要となります。

image001
image002
image003
image004
image005
「ドローン未経験です」 ドローンの基礎から学べます
「ドローンを持っていません」 教習用ドローンを用意しています(持込み要相談)
※教習用ドローン; DJI Phantom, DJI Inspire 1
「最適なドローンは?」 利用用途・目的に応じたドローンを紹介いたします
「法規制がわかりません」 安全ルール・航空法等ドローンに関連する法律の講義があります
「講師の技術力はある?」 i-Construction等のドローンに関する公共事業の実務経験を多数もち,総飛行時間700時間を超える講師が,持っている技術力を全て教えます.
資格証・飛行記録証明書
【国土交通省の認定講習団体】に登録されています
●飛行許可を受ける際の申請書類の一部を省略することができる講習団体等
※技能証明書等の写しを提出することで申請書様式3及び無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性の提出が不要となります。

当機構より修了証が交付され【JUVA,無人機研究開発機構】へ登録することによりライセンス証が発行されます.

また,国土交通省へ「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書 様式3」の手続きに必要となる飛行記録証明書(10時間以上)を発行いたします.

無人航空機に関する証明書
お気軽にご相談ください.
<お問い合わせページはこちら
公益社団法人 無人機研究開発機構 事務局
〒808-0135
北九州市若松区ひびきの2番1号 北九州市学術研究都市内 産学連携センター 4F 410号室
TEL: 093-692-0600
FAX: 093-692-0610(月-金 9:00 – 17:00)
E-mail: office@japan-uva.org