国家戦略特別区域に関する続報です.
マイクロ波レーダーを利用し,無許可ドローン等の飛行状況を監視する技術実証実験を実施いたします.

平成30年8月16日付で,レーダーに関する無線局免許状が総務省より即日発行されました.
「特定実験試験局制度に関する特例」を活用するメリット
本来,特定実験試験局の免許取得には,免許申請から無線局の免許状交付まで3週間以上を必要とします.この特例を活用することで予備審査後,即日交付が可能となりました.
今回,平成30年8月16日に免許申請を行い,同日に免許状の交付を頂きました.

【続報】国家戦略特区(北九州市)におけるドローン検知実験
Tagged on: