国家戦略特区(北九州市)におけるドローン検知実験の実施主体者に選ばれました.

第13回 福岡市・北九州市国家戦略特別区域会議が,平成29年12月13日に実施され,同年12月15日に本機構は,無人機(航空機)に関する知見,地方自治体との包括的な連携機能,そして充分な実務経験を有することとの評価を受け,国家戦略特別区域における特定実験試験局制度に関する特例での実施主体者に選ばれました.

平成30年3月から平成32年3月までの期間,特定実験試験局制度に関する特例事業(以下,本事業)で,北九州市の協力によりドローンの検知に関する実証実験を実施いたします.

本事業における国家戦略特区(北九州市)の実施主体の構成員として,今後爆発的に増加する可能性の高い未確認小型飛翔体(ドローン等)を遠方より検知するための実証技術実験を実施いたします.

<関連リンク先>
内閣府国家戦略特区
北九州市
読売新聞 記事(2017年12月28,29日)

国家戦略特区(北九州市)におけるドローン検知実験
Tagged on:         

2 thoughts on “国家戦略特区(北九州市)におけるドローン検知実験

  • 2018-10-16 at 09:07
    Permalink

    ドローンに興味があります、どのように始めようかと考えています。
    北九州市の無人機研究機構が実施しているセミナー、説明会など紹介していただきたいのですが。

    Reply
    • 2018-10-29 at 18:15
      Permalink

      ドローンに興味をもっていただき感謝申し上げます.
      また,先日は,体験会のご参加ありがとうございます.
      ドローンに関するセミナーとして,「ドローン安全運航のポイント」,「画像処理講座」や「AI入門~ディープラーニングって何?~」などドローンを始める際の入門的な講習を実施しております.
      詳細は「開催講習会」に記載しておりますので,
      ぜひ,ご参加ください.

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です