飛行ルールの対象となる機体 
平成27年9月に航空法の一部が改正され,平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました.
今回の法改正により対象となる無人航空機は,「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち,遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です.
いわゆるドローン(マルチコプター),ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します.

 無人航空機に係る航空法改正について 
無人航空機の利用者の皆様は,以下に記載している無人航空機の飛行禁止空域や飛行の方法に関する同法のルール及び関係法令を遵守して無人航空機を飛行させて下さい.また,無人航空機を飛行させる場合には,当該ルールの遵守に加えて,以下のガイドラインもご一読いただき,第三者に迷惑をかけることなく安全に飛行させることを心がけましょう.

 許可・承認の申請手続について 
空港等の周辺の空域や人口集中地区の上空を飛行させる場合等,また,夜間や目視外等において無人航空機を飛行させる場合等には,国土交通大臣の許可や承認が必要です.
お問い合わせ先
国土交通省

本機構では,希望者には行政書士による「飛行許可申請書」の代行申請も実施しています.
お気軽にご相談ください.

飛行許可・承認申請書とは
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です